スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


タチウオパターンでメジロ爆釣

11月2日、赤沼先輩からジギングのお誘いをいただいていたので、代休を使って垂水港の利弥丸さんに乗船し、明石沖へジギングに行ってきました。

出船は午前6時過ぎ。
タチウオパターンでメジロが爆釣中とあって、船は平日にもかかわらず満員御礼でした。
港を出てポイントは明石海峡の南東側。
タチウオパターンは初挑戦でしたので、ポーターの方にアドバイスをいただいてから釣りを開始。

アドバイスしていただいた内容をまとめると、
1.メジロのヒットレンジは底から5巻き以内
2.ベイトがタチウオなので、ジグはロングで、カラーはシルバーが強い
3.日によって異なるが、比較的ゆっくり動かしたほうが良い
4.サワラが釣りたければメジロより上のタナを狙ったほうが良い
の4点。
アドバイスに従い、ジグは撃投ジグレベル230gのシルバーをチョイスし、底付近をゆっくりと攻めることにしました。

釣りを開始してしばらくすると、同船者にメジロがヒットし始めました。
が、なぜかバラシが連発。
キャッチ率は5割ほどでしょうか。
私や赤沼さんにもヒットしましたが、同様にバラシ。
どうやら食いが浅いようです。

そのうち同船者に大物がヒットし、上げてみると1m超の立派なサワラ。
船長の話では1匹で20,000円以上にもなるとか。
体高だけで指8本はありました。
羨ましすぎます。

サワラが釣りたい…そう思っていた私のジグがフォール中にピタリと動きを止めました。
慌てて合わせを入れたところ、友人から売ってもらったアメリカ製のベイトリールがしっかりセットできてなかったので、その瞬間にリールシートからポロリと脱落。
おかげでさらに慌ててしまい、プチパニック状態に。
この状態なら普通魚をばらしてしまうところですが、なぜかばれることなくリールシートに戻せないまま、何とかランディング。
80cmほどの立派なサワラでした。

時合いという時間はほとんどなく、朝からずっとポツポツ釣れ続く状況。
ただ、船長が「映った」といった流しでは、必ず誰かにメジロかサワラがヒットしていました。

そうこうしているうちに赤沼さんが先にメジロを釣ったので、それに続こうと底を230gのロングジグで丹念に、ゆっくりとしゃくると、しゃくり終えてリールをフリーにしようとしたところでヒット。
速さはないものの、とにかく重い。
このポイントにはエイはいないそうなので、何らかの魚だろうと慎重に上げてくると、嬉しいメジロのダブル。
こういう場合はどちらかがばれることが多いのですがしっかりフッキングできていたようで、2匹ともゲット。
この時はリア、フロントともにジガーミディアムロック3/0で作ったダブルフックを使っていました。
一度掛かれば外すのが大変なぐらい魚を「ロック」するロック。
それが功を奏したのだと思います。

サワラとこのメジロ2匹でなんとなくパターンがつかめたので、撃投ジグレベル230gとロングジグ230gでそのアクションをトレースしていると、コンスタントにアタリがありました。

着底したらジグが倒れないうちにアクション開始。
ロッドはしゃくらずにほぼ脇で固定し、リールを1回転させてティップを曲げ、次の回転ではリーリングスピードを一気に落として、ティップの戻りでジグを動かしつつ、少しテンションをかけながらジグをあまり横に向けないよう注意し、底から5〜7mをねっちりと攻めました。

たまたまなのでしょうけど、このパターンが大当たりし、アタリが連発。
納竿までにメジロ6匹、サワラ2匹を釣ることに成功しました。

ちなみに船中ではメジロ22匹、サワラ8匹。
近場とは思えないほどの豊漁でした。
こんな良い日に当たることができたのは、赤沼さんにお誘いいただいたおかげ。
ありがとうございました。

例年ならもうタチウオパターンが終盤のようですが、今年はいつもより長く続いているようです。
いつ終わるかわかりませんが、釣れ続いているならお早めの釣行を。


スタッフ 西浦伸至


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM