スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


明石ハマチジギング

こんにちは スタッフ大東です
今回は明石ハマチジギングのレポートです。

これまで好調だった、海峡筋太刀パターンでのメジロが、ひと段落していたのですが
釣行日3日前よりハマチが急に釣れだしたのでハマチ攻略編です。

お世話になったのはおなじみ『魚英』さん。
ポイントは淡路西岸の沖水深10〜30mラインです。

出船前に状況を確認すると・・・・
ベイトはタチウオ、イカナゴ、甲殻類と様々でHITジグもロングからTG系ジグまでとかなり幅が広く明確なパターンは無いようです。
ただ、フォールで反応している魚が結構いるとの事。

朝一はちょうど潮どまりのタイミングだったので、様子見がてら、海峡筋の激流ポイントを流します。
すると藤岡にいきなりメジロのアタリ。
がしかし、無念のフックオフ。
その後数流ししましたが反応無く、淡路沖へ移動。
まずは水深10mラインからスタートです。
ジグは撃投ジグレベル130gシルバーで太刀ベイトをイメージしてあまり動かさないアクションを試していきますが、反応なし・・・・

そこで、早めのアクションを試していきます。すると作戦がピタリとはまりました。
ティップだけで動かす細かいスライドアクションで誘い上げ、フォールで喰わすとゴンときました。プリプリハマチ

パターンにはまったかと思いましたが後が続きません。
ただ僚船でHITさせている人のパターンをみていると早いジャークの人がポロポロ釣っている感じ。
そこでジグをより大きく横方向に動く撃投ジグ125gゼブラグローにチェンジ
ワンピッチで誘い上げているとドンときました。
作戦がピタリでしたが、またまた後が続かず・・・・・沈黙


パターンが明確にはなっていませんが、早いアクションで捕食のスイッチを上手く入れないと喰わない感じです。

その後30mラインを流すも同船者にポツポツハマチ、サゴシがHITも潮が緩くなりアタリが遠のきポイント移動。

沖目のポイントへ・・・・

移動後水深10mラインでいきなり来ました。スラッグを出さず巻きながらジャークのS字アクションで高木にHIT。
つづけて藤岡、私はサゴシをGET

どうやらこっちは完全に太刀パターンで反応しているようです。
そこでよりロングシルエットのジグに変更しましたが反応なし。

ここで炸裂したのが20cm程のシルバージグをロングフォールぎみにシャクッていたM氏が大爆発ハマチ5連発
これに藤岡が続き4連発。
決してイージーな状況ではありませんでしたが、うまくパターンを発見できれば連発というテクニカルな1日でした。

前半はハイピッチ、後半はロングのフォールが今回のハマチ攻略の鍵となりました。
明石ジギングシーズンも残り僅かですが、脂ノリノリ激ウマハマチを求めて皆さんも挑戦してみてください。

スタッフ 大東




スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM