スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


熱いぞ、梅雨のターゲット!

心配されていた空梅雨は、ここ数週間の雨でどうやら正常値に回復したようで、とりあえずは夏場への心配は解消されましたね。
降る時には降るという自然サイクルは非常に大切なことですが、気象変化の激しい昨今。
洪水や高波など水辺に立つ時は、水位の変化や地盤の緩みなど、細心の注意をして楽しんでくださいね。



さて今回は梅雨で本番迎える「手長エビ・うなぎ・マゴチ」を狙うことに。
雨により少々濁りが出たほうが活性が上がり、ショアレンジにどんどんさし込んでくるターゲット。
今回はそんなターゲットをリレー方式で仕事終わりから翌朝まで狙ってみました。

まずは「手長エビ」
ここ数年、全国的に非常に人気が出てきている手長エビ。
理由はわかりませんが、梅雨ごろから川辺の浅場に集結し、釣りや網を使って楽しまれていますね。
今回もポイントに着くと、夜遅くにも関わらず、沢山の手長エビファンで賑わっております!?
夜は釣りよりも網ですくった方が効率的なので、高性能ヘッドライトでサーチしながらポツリポツリとすくいます。
手長エビもなかなか賢い個体も多く、熱い攻防戦が繰り広げられることからハマってしまう人が急増しているわけですね。

とれた手長エビはしばらく清水で泥抜きをしてから食べるのがオススメです。

今回は夜だったため網ですくいましたが、日中なら玉ウキやシモリを使った釣りをお勧めします。
オーナーばりからは誰でも簡単にすぐ使える「手長エビ玉ウキ仕掛」「手長エビシモリ仕掛」などの完全セットがありますので気軽にチャレンジしてみてくださいね。


2種目「うなぎ」
さぁ2種目と行きたい所ですが、手長エビ捕りに夢中になり過ぎて気づけば夜明け前・・・。
急いでポイントに向かうものの、間にあいそうもないので断念。
うなぎ釣りをされていた方に様子だけ伺うと、クーラーBOXには立派な天然うなぎが・・。
次回はうなぎ釣りも頑張ると誓うスタッフたちでした。


3種目「マゴチ」
さて気を取り直して、最後のターゲットをマゴチを狙います。
マゴチは朝マズメが最大のチャンスです。
4インチグラブに静ヘッド5gをセットし、先ずはシャローを丁寧に探ると早速、小さいマゴチがヒット!



幸先よくヒットしましたが、後が続きません。
どうやら水質がクリアなためシャローには挿してきていないと判断し、沖のディープ〜駆け上がりを丹念に攻めることにすると、釣友の小中さんにヒット!
ゴンゴンと力強く頭を振るのは正真正銘の大型マゴチ。

50cm超えのマゴチ。このサイズが釣れれば納得ですね。静ヘッド14g+4インチグラブ
このサイズになると脂ものって刺身に煮付け、から揚げとどんな料理でも美味しいですよ。


そして、やっと私にもヒット!
重量感ある首振りと沖のボトム付近で掛けたので、大型マゴチと確信。
ファーストランが始まると、カキ殻の駆け上がりを交わすためこちらも足ドラグで応戦。
20mくらい走ったでしょうか?なんとかターゲットを水面に出すと「バシャバシャ」とエラ洗い。

大型マゴチではなくシーバス。ラウンド11#3/8 4インチグラブ
これから旬を迎えるスズキ。昆布〆にムニエルと美味しく頂きました。
このスズキをもって3種目リレーは終了としました。


さて梅雨のターゲット編はいかがだったでしょう?
雨が降るからこそ、楽しませてくれるターゲットたち。
くれぐれも気象変化に注意して、梅雨の釣りを満喫されてはいかがでしょうか。



スタッフ 藤岡


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM