スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


福井三河川でサクラマスを

4/26 日曜日 九頭竜川水系、足羽川天神橋下で57.5cm 2.3kgのサクラマスをキャッチしました。

当日朝一は、関西からの友人が九頭竜川でサクラマスをやるので場所案内を兼ねて九頭竜川の福松橋下流左岸に4時半に集合。
九頭竜川は早朝より上流から下流域まで沢山のアングラーで賑わっていました。
地元の名店、越前フィッシングセンターさんの前情報では、今シーズン最高の川の流れで釣果もかなりあがるでしょう、との事。

そして足羽川、田んぼの代掻き、水引で濁り、減水で九頭竜とは違い、この週末がラストチャンスと明言されたので関西からの友人を案内してからすぐに足羽川に向かいました。

8号線から北陸道高速周辺右岸をピンポイントでランガンしたが反応がなかったので、最上流部の天神橋に向かいました。
真夏なみの陽射しに加え、田んぼの代掻き系の濁りで気持ちが折れそうに。
足羽川にはアングラーがほとんど見られない。
案の定、天神橋付近もガラガラ。
天神橋から200m上流からスタートし釣り降りました。


周りに釣り人がいないので、対岸に向けキャストしてサミングしながらラインを出してドリフトさせて30〜70mぐらいダウンから逆上げを繰り返して攻めた。
ベイトタックルなので送り込みやすい。

天神橋真下から対岸にアップ気味にキャストして同様にサミングしながら30mぐらい送り込み、時折トゥイッチを入れながらゆっくり逆上げしていると「コツン」と石をかすめた感じがした直後「ギラッ」とサクラマスが反転するのが見えました。

ロッドに重みが乗ってから巻き合わせを入れると、下流に向かってローリングを開始。
少しテンションを緩めると底に張り付いた感じで動かなくなったので、一瞬根掛かりしたと思いましたが、1分ぐらいですんなり寄って来ました。

急な暴れを防ぐためにドラグを緩めて正解。
突然至近距離でジャンプを3回して四方に逃げ回りました。
落ち着かそうと少しラインを出し距離をとることに。

まず私が落ち着き、ある程度のテンションを保ってサクラマスが疲れてもらうのを待ちました。
よく見るとシュガーミノー フルピンクをハーモニカ状態で咥えている。そして無事にネットイン。
頭から食って、上顎中心の奥をSTX-38(プロト)#5が捕らえていました。


このサクラマスで福井県の主要3河川で釣る私の今期の目標を達成。
難関であった足羽川不漁の年を乗り越えました。
小さな事かも知れませんが、仕事でも遊びでも色んな事に対しても励みになると思います。
あとは欲をかいて、九頭竜川で夢の70cmアップを釣りたいですね。

ゴールデンウイークはショアジギング、渓流、本流サクラマスと、北陸福井県で遊んでみてはいかがでしょうか。


耐力スナップ #0、STX-38(プロト)#5使用


カルティバフィールドテスター 中山隆夫

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM