スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


アジとカマスの絨毯

【釣行日】2015年10月22日ほか
【釣り場】鳥取県内の漁港


堤防の周りにアジとカマスの絨毯が出来ている漁港へ、フィネスゲームを楽しみに行ってきました。



最初、この状況を目の当たりにした時には、「青物か何かにおびえて堤防周りに張り付いているのかな?」と思い、まずはジグとペンシルで広範囲を探ってみたのですが、それらしき反応は全くありません。
「ならば手軽に足元を!」と思い、ULタックルにメバジグ鈎をセットしたメバジグレベル4.5gで探ってみるとこれが大当たり!

足元に落として、"一手間"加えるだけでガンガン当たってきます。




キモは、中層で一回ジャークしてラインスラッグを意図的に作り、水中のメバジグレベルをユラユラと水平フォールさせること。
季節柄、横からの風が強く、ラインスラッグが大きく膨らんで細かいバイトを拾いにくいのですが、視認性が高い「マイクロゲームPEハイライト」のおかげで、「プンッ!」とラインがかすかに揺れるだけの手元に伝わらないバイトを拾うことができ、効率よく釣果を重ねることが出来ます。





夕マズメになると、足元にたまっていたスクールが徐々に散り始めます。こうなると、それまでの足元限定のゲームから、キャストしてスイミングアクションで広く探るスタイルへチェンジします。

フォール主体のゲームでは、ジグのテイル側にメバジグ鈎をセットしていたのですが、スイミング主体のゲームではトリプルフック(ST-26TN)をセット。
たったこれだけで、フックアップ率がグンとアップします。




ご覧の釣果は、真昼間にジグオンリーでキャッチし、口周り等のダメージが大きいものだけをキープしたもの。実際は、この倍以上の数をリリースしているんですよ!!



【タックル】
■ロッド:C3 Class2-4 Bouz Production
■リール:'10ステラC2000HGS シマノ
■ライン:マイクロゲームPEハイライト0.3号 オーナーばり
■リーダー:ザイト磯フロロ1.25号 オーナーばり
■ジグ:メバジグレベル3g4.5g オーナーばり
月下美人プリズナーTG5g ダイワ
リトルビット5g ヤマリア
■フック:メバジグ鈎Sサイズ、マイクロジグフロントSサイズ、ST-26TN#10


カルティバフィールドテスター 岸信直彦

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM