2016年 福井県 日野川サクラマス

九頭竜川水系で福井市内を流れる3大河川の一つである日野川。




一昨年から日野川漁協がサクラマスの釣りを管理するようになり、放流や河川の清掃などを行っている。おかげで一昨年に比べ川底に溜まったゴミや木の枝が少なくなり、ルアーロストも大きく減ったように思える。

しかし今年は一昨年の様に簡単にサクラマスにたどり着かない。2月の解禁から日野川での実釣時間は九頭竜川、足羽川の倍の時間を費やしている。甘噛みバラし1、チェイス2と結果が出ていなかったが、3月3週目にようやく釣果が出ました。


釣行日のam6:00 水位はかなり下がっているものの、流れはそれなりにあり、堰堤から注ぎ込む水の音以外は、風の音もなく、車が走る音もなく、静寂って感じで釣れそうな雰囲気が漂っていた。
使用ルアーはレプトン社のフォトンというウッドルアー、これにST36BC #5をセットし流れに絡ませながらあらゆる角度でキャストをしていく。


そしてam6:45流れに乗せながらゆっくりリーリングし、流芯をドリフトさせてターンして逆上げに入った瞬間にクンックンッとアタリが出た。しっかり合わせを入れジャンプさせないようにロッドティップを水面スレスレにして、怒らさないように騙しだましこちらへ誘導する。
重量感はなく、小型であったが油断は禁物。突然のターボダッシュを警戒する。グネグネとローリングしだしたのでテンションを緩め、泳がせながら体力を奪う。フロントフックが外れリアフックがエラの辺りに刺さっているのが見えた、反転した時にフロントフックが再度、口に刺さったのが見えたので少し強引に寄せてランディングした。

今期、6匹目のサクラマスは50cmと小さかったが目標の福井市の3河川でサクラマスを釣り上げることができ満足している。






九頭竜川本流は丸々太ったサクラマスが多くそれに比べると日野川、足羽川のサクラマスは細身で小さな個体が多くみられる。聞くところによると3河川とも放流されてるヤマメは足羽川の水で育っているとか。(あくまで噂)
やはり天然遡上した遺伝子が継承されてるのでしょうか?

いつまでもサクラマスが遡上する豊かで、綺麗な川であってほしい。これから最盛期を迎える北陸、福井県の九頭竜川水系にサクラマスを是非とも狙いに来てください。





使用フック ST-36BC #5
スナップ  耐力スナップ#0
ゲームフローティングベストコールドブロックグローブを着用


カルティバフィールドテスター 中山 隆夫

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM