スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


中深海アシスト クリンチアシスト 登場!!

こんにちは、スタッフ藤岡です。
今回は釣行レポートではなく、4月から発売されるジギング用新製品ジガーライト”クリンチアシスト”についてご紹介させていただきます。
このクリンチアシストという名前の由来は、
文字通り「掴んで離さない」  といったコンセプト。


メインにはホールドを2本、サーポートフックにはサーベルトリガーをセット

見ていただいた通り、慣れ親しんだワンフックタイプやダブルアシストとは違い、見るからに異形。
違和感をおぼえる方も多いでしょう、実は私も最初はそうでした。
しかし、このアシストフックには熱い釣師の想いとハリ屋ならではのノウハウが詰め込まれたアシストフックなのです。



私がこのクリンチアシストを作るきっかけとなったのは2〜3年前の新潟。
中深海ジギングに熱心なジガーM氏とご一緒する機会があり、その時見せていただいたのがこのクリンチアシストの原型。
このアシストの仕組みを伺うと氏曰く、

「この海には2キロを超える赤ムツがいるんですよ。 私はその大型だけが釣りたくて日々試行錯誤しています。
何度か掛かったことあるんですが、強烈な叩きでことごとく口切れ、身切れで途中にバラしてしまう。
だから大型には1本でも多く多点掛けを狙って加重を分散させる必要があるのですよ。」


氏のまっすぐな大物に対する情熱に胸を打たれ
機能的にいかに多点掛けを成立させるか?
これはハリ屋の腕の見せ所!と強く突き動かされたのを今でも覚えています。
iPhoneImage.png

まずメインフックにはキープ力に優れたホールドを揃え段差に2本セット。
幹間はテストで一番実績の高かった長さに調整。
80%近くこのホールド(特に下鈎)に先ずは掛かるように調整しました。

次に最大のキモである揃え段差。
同方向に向けられたハリは、首ふりや引き込みの時に上鈎が必ず魚体(顔回り)に触れるようになり刺さりこんでいきます。
これで2点掛け成立。ましてや1本は顔回りに掛かっているので少々の身切れでもバレません。

これでも十分なのですが、まだまだ手を休めません。
3本目のハリ  サーベルトリガーが威力を発揮します。
シリーズ中最大の貫通力をもつサーベルトリガー。
広めのゲイプ幅と超ロングテーパーがわずかな力で深刺しを可能にし暴れる魚にハリ先が触れると サクっと一気に貫きサポートフッキングの3点掛けが成立。

赤ムツはもちろん3点掛け


アラにも3点掛け


鬼カサゴ こちらはサポートの3点掛け


タヌキメバルもばっちりの3点掛け


見ていただいたように、様々な魚種がクリンチアシストによって高確率でのキャッチが可能となりました。
ここまでキャッチ率が上がってしまうとマイナスイメージを持たれる熱心なジガーの方もおられることでしょう。
実際にテスト中に私の仲間内からも白い目で見られたこともありました。


私がクリンチアシストに馳せる想いはM氏とは少し異なります。

一人でも多くの方に中深海ジギング楽しさを知っていただきたい。
深場での操作性の楽しさ、巻き上げ時のドキドキする高揚感、食べた時の至福の感動の世界観。
これから初めて中深海ジギングをするすべての方に味わっていただきたい。
これを経験して、いずれM氏ような立派な中深海ジガーとなり、この釣りの発展やタックルを進化させる釣り人が増えるきっかけとなれば・・・と願いを込めて作りました。


今回ある程度の誤解を承知の上で、企画いたしました。
このクリントアシストには熱いジガーの想いと釣りの発展を願う2つの気持ちでできた製品なんだなと、読んでいただいた皆様に予めご理解いただければ幸いです。


ジガーライトクリンチアシストは4月中旬発売を予定しております。
どうぞこれからベストシーズンを迎える中深海ジギングでその効果を実感していただければ幸いです。


スタッフ 藤岡
 

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM