スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


徳島県大里海岸の青物&ヒラスズキ

4/16は徳島県南の大里海岸に釣行してきました。
1週間前のネットの釣果情報でポイントを決めたのですが、今まで大里海岸では良い思いをしたことがないこともあってあまり期待はしておらず、実家に帰るついでの釣行程度に考えていました。

ポイント付近で仮眠をして、4時過ぎぐらいに準備開始。
暗い中はヒラスズキを狙い、明るくなったら青物でも狙おうなどと贅沢なプランを立て、ゲームフローティングベスト4に両方狙えるプラグを詰め込み、薄暗い砂利浜を下りていきました。

タックルはヒラスズキにも青物にも対応できるロッド風神R110H、リールはツインパワーSW5000HG、メインラインは撃投PEフラッシュ2号で、リーダーはフロロ8号。
リーダーの先にはソリッドリング3.5スプリットリングハイパーワイヤー#3をセット。
ルアー交換は多少手間がかかりますが、強度やトラブルの無さは申し分ありません。

やや追い風ながらも少しウネリがある状態。
STX-58#4をセットした飛距離が出る12cmのフローティングミノーをセットし、フルキャストすると風に乗って気持ちが良いほど飛んでくれます。
スローリトリーブで様子をうかがうと、潮は右から左へかなり早く動いています。
これでベイトでもいたらボイルでもありそうなものですが、海面には何の変化もありません。

3投目、波打ち際付近まで巻いてきた改修直前のミノーに突然のバイト。
ヒットした瞬間から激しいエラ洗いを繰り返したので、暗がりでも相手はヒラスズキと判明。
小型でしたのですぐに寄せ波に乗せ、リーダーを掴んでランディング。
45cmほどの可愛いヒラスズキでしたが、期待していなかっただけ普段以上に嬉しい1匹でした。


開始すぐにヒットしたので、もう少し早く竿を出していればよかったと後悔しながらキャストを続けると、10分後ぐらいに30m沖でひったくるようなバイト。
今度はそれなりの重量感でしたが、パワータックルでしたので強引に寄せてキャッチ。
60cm超のコンディションの良い個体でした。


魚を締めたりしていると、周囲はほんのりと明るくなっており、次々に釣り人が浜に降りてきました。
そろそろ青物の時合いかもしれませんが、ヒラスズキが気になるのでスローリトリーブを続けていると、「コンッ」と小さいバイトがありましたが乗らず。
どうしても乗せたかったので、ルアーを交換しながらヒラスズキに固執していると、隣りでジグを投げていた方の竿が激しく曲がりました。
上がってきたのはメジロ。
青物の時合いは始まっていました。


明るさを増すごとに、浜の至る所で波打ち際から100mほど沖で青物のボイルが発生。
チャンスタイムの到来です。
とりあえずセットしたミノーのまま、リトリーブ速度を上げましたが反応なし。
ボイル付近に打ち込むもアタリはありません。
一発で食いそうなボイルだったのですが…。

次はフローティングペンシルに交換。
ボイルの中に何度か通すことができましたが、チェイスはしてくるもののヒットには至らず。
何かが合わないようです。

周りを見てみると、隣りの方はジグの高速巻きでまたヒットさせており、もしかして高速巻きじゃないと食わないのかとも思いましたが、反対隣りの方は、ジグミノーっぽいルアーのやや早引き程度で食わせています。

レンジか、シルエットか、スピードか、アクションか…。
視界の範囲の竿が次々に曲がっている状態に焦りが増していきます。

ベイトフィッシュはあまり小さくは無さそうですが、あえてシルエットの小さいルアーを使ってみようと、STX-58#1をセットしたシンキングペンシルのGlobus(グロブス)に交換し、キャストしながらボイルを待ちます。

しばらくすると30mほど沖でボイルが発生。
急いでルアーを回収し、ボイルがあった少し沖に投げ、ワンピッチジャークを加えながら表層付近をやや早めに引くと、ボイルが発生した付近でようやくヒット。

磯やテトラではなく、障害物のない広大なサーフでのヒットですので、ドラグは気持ち緩めで、遊ばせて引きを堪能。
しばらくファイトを楽しんでいると、やがてメジロは波打ち際まで寄ってきたので、ズリ上げでランディング。
ベイトを食いまくっていたのか、非常に脂のノリが良さそうな70cmほどのメジロでした。


日が高くなると次第にボイルは岸から離れていき、200〜500m沖ほどにはボイルがまだあるものの、浜には人はまばらに。
粘っていたらまだ釣れていたかもしれませんが、諸事情で朝マズメが終わった頃に青物狙いを切り上げました。

その後は大きく移動し、旧吉野川水系の川でタナゴ釣り。
日が暮れるまでイチモンジタナゴ、ヤリタナゴなどど戯れ、実家に向かいました。




この釣行中、熊本に本震が発生したというニュースが届き、阪神大震災を経験した時の恐怖と不安を思い出しました。
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈り申し上げます。

スタッフ 西浦伸至

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM