スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


中深海ジギングで伊島沖を攻略!?

こんにちは!スタッフ大東です!

今回のレポートは徳島県伊島沖の中深海五目ジギングです。
お世話になったのは、熱血船長が親切丁寧に、エスコートしてくれる阿波哲さんです。
船長は伊島沖、紀伊水道のディープジギングの先駆け的存在で、ポイントも熟知されています。


前日のウネリと、強風が残るとの事で、遅めの7時出船。ポイントまで約1時間程走りポイント到着。
まずは水深270m前後からスタート。


ジグは300g、着底まで数分かかるので、のんびり待ちます。
この釣りを始めた頃は、水深300mと聞くだけで、ビビってましたが、気がつけば何とも思わない身体になってましした。慣れって恐ろしい・・

なんて思っていると、いきなりスタッフ藤岡にフォールバイト!しかもかなりの大物・・・数分のファイトの末、残念ながらラインブレイク。



隣で大物のヒットをドキドキしながら待ちましたが何事もなく着底。
潮は素直に流れている様なので、地形の変化やジグの動きを感じながら、アレコレしていると、ファーストヒット!

キンメをゲット


クリンチアシスト3/0、ホールド3/0、ウルトラスロー350g


その後は飽きない程度にポロポロ反応があり、ユメカサゴ、クロムツ、ギンメダイ等々をキャッチ。

クロムツもクリンチ!

そんな中、釣友W氏の竿に激しい当たり!上がってきたのはアラ。



良いポイントに差し掛かった所で、当たったとの事だったので、地形の変化を見極めながら、しっかりアプローチしないといけないなと、反省。


その後、当たりが遠退き、苦しい時間帯に差し掛かり辛抱の釣り。
やや潮が動き出したのかポロポロ反応が出だした所でもう一発!

スタッフ宇治宮アラゲット


そこから一気にキンメが超高活性に
船長曰く底から30mまで真っ赤!キンメの絨毯や〜!だそうで、フォール中からバイト、着底からの一シャクリでヒット!ヒット!ヒット〜!!





そんな状況でも、巻き上げ距離が長いので、途中でサヨナラする事も多く、全員ヒットも全員キャッチは意外と難しいのが中深海ジギング。



そんなバレを少しでも減らそうと、考案されたのが先月より発売となりましたクリンチアシスト!

2本の鈎が口元をがっちりホールド!1本の鈎がサポートフッキングで魚をがっちりクリンチ!



全員キャッチでニコリ!

しばしキンメの入れ食いを堪能

クリンチアシスト3/0、ウルトラスロー 350g



このまま、最後までキンメ祭かと思われた終了間際、突然キンメの反応が消え、魚移動した?はたまた何かデカイの来た?なんて言っていると、スタッフ宇治宮にビックヒット!!


30分程格闘の末ラインブレイク。

その後は、魚がビビってしまったのか反応なく、納竿となりました。


今回活躍したのが、クリンチアシスト!お店でもちょくちょくセッティングに関して、質問を受けるので、少し書いておきます。

フロント、リアどちらに付けるかですが、基本的にはどちらという事はありません。
フォールや、止めでバイトの多い釣りなので、リアに装着して使用する方が効果的かと思います。
状況に応じて、リア、フロント使いわけてみて下さい。
また中深海ジギングだけでなく、アジ、サバ等の口ギレしやすい魚を狙う際もオススメですので、試してみて頂ければ幸いです。



スタッフ大東

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM