イカメタル&ショアメタル?!

こんにちは、スタッフ今永です。
今年の夏はイカメタルばかり通っているので、あまり日焼けしていません(笑)
ということで今回もイカメタル釣行のレポートです。

今回は鳥取県で実釣してきました。
と、まぁここまではいつも通りなのですが、今回は遊漁船ではなく、なんとプレジャーボートでの釣行です。
知り合いのご夫婦の方にご厚意で乗船させていただきました。


 

私はイカメタルスタイル
使用タックルは 耐力イカリーダーレベルスッテ8号20号ドロー4 2.5号

船長夫妻は中オモリ式エギングスタイル
使用タックルはドロー4や他社エギ 2.5号〜3号にオモリ15〜30号

 

19時にポイントに到着し、シーアンカーを入れ、実釣開始♪
水深は60m
まだ明るかったので、ボトムを探ろうとしますが、きつい二枚潮、、、。
そして、ボトムはほとんど潮が動いていません。
こんなとき、アップアイフロント重心のレベルスッテなら、2枚潮に負けず、しっかりボトムをとることができます♪
20号で一気にボトムまで沈下させ、ひたすら誘いをかけますが、ポツポツとたまに釣れる程度。
イカの群れが小さい模様。

 

あまりにも状況が悪いので、船長が70mラインへの移動を決断!
再エントリーしたのもつかの間、移動が功を奏し、一気に爆釣モード突入♪

レベルスッテ赤白

 
レベルスッテ ピンクゼブラ
 
 

 


船長ご夫婦も中オモリ式エギングで連発させてます!!
 
ドロー4 2.5号#34 ピンク/オイルグロー
 
途中、私のレベルスッテをひったくる妙に重たい物体。
しかし、当たりはしっかり出たのでゴミではないはず。
ゴミなのかイカなのか半信半疑であげてみると、そこにはなんとも言えない生物が!!!
美しい(それがある意味恐ろしい)貝と見たことのないタコのようなものがついていました。

 

 


あとで確認するとアオイガイ(通称タコフネ)とのことでした。

こんな珍客も交えながら、夢中で釣りをしていましたが、白波も出てきたので0時前に納竿することに。
いつもそうですが、楽しい時間はあっという間ですね!

今回のパターンはシェイク→ステイ→シェイク→ステイの繰り返しとイカが浮いてきてからは、軽くキャストしカーブフォールで掛けるといった感じでした。
2枚潮対策、誘いのパターン、どちらにおいてもレベルスッテのアップアイとボディ形状をしっかりいかした釣りが成立したと思います。

肝心の釣果ですが、クーラー3つでは入りきらず、予備で持っていた発泡1つも満タンに!
余裕の3桁オーバーで大満足の釣果でした。

 

 

ここで終わりたいところですが、番外編へ
明石周辺ではこの時期、ライトタックルを使ったエギングでミニケンサキイカを狙うライトエギングが最盛期を迎えます。
 
しっかり当たりも出てかなり面白いのですが、何を隠そうフィールドは潮通しのよい明石周辺。
エギではどうにもならないぐらい潮がとぶことが多々あります。
と、ここでイカメタルゲームをショアでやってはどうかと思い、勝手にショアメタルと命名し、試してみました。
耐力イカリーダーレベルスッテ8号、ドロッパーは浮きスッテやドロー4

結果、あっさりと釣れてしまいました(笑)

 

通常のイカメタル通り足元でシェイクしたり、キャストしてすぐ糸ふけをとり、カーブフォールさせるといった釣り方で簡単に釣れてしまいました。
まだまだ研究の余地はありますが、日本海側のケンサキイカや冬のヤリイカでも活躍してくれる気がします。
みなさんももしよかったら、試してみてください♪(くれぐれもロッドの折れにはご注意を!!)

 

スタッフ 今永


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM