2017オーナーばり親睦会 in 北浦

2月19日(日)小潮 天気:晴 


大分県、宮崎県の釣り人で日頃オーナーばり製品のPRにご協力いただいている仲間の集い「2017オーナーばり磯釣り親睦会」を開催いたしました。

 

2016年に続き今回も宮崎県北浦一帯の磯を選択しました。その理由として冬季の北西風に強いことや南岸低気圧が発生した場合でも湾内の磯で出しが可能なこと、また夜間から早朝にかけて低温環境下での道路事情を考慮しての判断です。


目的は親睦を深め、オーナーばりの宣伝活動に努めることとしています。

 

親睦会での競技規定は、今シーズン北浦一帯の磯は厳しい状況が続いていることを鑑みてメジナの規定サイズを設けず3匹の総重量とし仲間と共に思う存分釣りを楽しみ親睦を図ることにしました。

 

 

 

朝5時前に出船。阿蘇港より喜福丸にお世話になりました。

 

 

 

受付時の抽選順に渡礁していきました。この日は小潮で早朝は干潮の時間帯です。私は宮崎県の守山さんとトマス3番へ渡礁しました。

 

 

早朝は南側から当ててくる強い潮に苦戦をしいられました。黒潮の影響でしょう。水温は18℃台で申し分なくかなり強い通称「昇り潮」が流れています。

 

針はザ・ロック5号を選択しました。この針は魚種を選ばない伊勢尼フォルムでどんなサシエにも馴染む茶系でなんといっても素材に「TAFF WIRE」を使用しているため強靭な針先が実現し魚の口元にしっかり刺さるオススメの針です。

 

ウキは00号で仕掛けが染むとゆっくりと沈降するようにジンタンで調整しました。

 

何度も打ち返しますが、状況は変わらずツケエサが残り続けます。

 

そこで5Bのウキに変え半遊動仕掛けとし針は軸太の拳グレ6号とし少し大きめのツケエサで竿2本のタナへ一気に仕掛けを落とし流していくと時折キタマクラの反応が現れます。

 

しかし、本命のメジナは姿を見せない状況が続きます。潮下のトマス2番へ上礁した甲斐さんが足の裏サイズのオナガグレを散発的ではありますがヒットさせています。

 

 

 

私は手を変え品を変え探ってみますがグレへの糸口を見出せず。試行錯誤している中、午前9時半に見回りの喜福丸がやって来ました。

 

 

船長のススメもあり目の前に位置する「ゴゼンバエ」へ瀬変わりしました。

 

この磯では早朝より底物師が竿を出しており、9時頃に見事な64cm 4.3kgのイシダイを仕留め北浦のポテンシャルの高さを感じました。

 

 

 

私たちは北東部から竿出しさせてもらいましたがツケエサが残る状況が続きます。ここの本命ポイントの磯際を攻めていくも変化が出ないため水道側や南側へ移動してみます。

 

浅ダナから深ダナと仕掛けを数回変更しどこかにメジナとの接点があると信じ最後まで諦めず釣り続けましたが納竿が来ました。

 

これも難しく考えさせてくれる釣りです。色々と勉強させてもらいました。

 

皆で港へ帰ると流石に釣る人はしっかりメジナを仕留めています。

 

 

 

 

 

優勝者の大津さんは北浦の攻略法を導き出していました。

 

朝マズマにはエボシのチョンで喰い渋るメジナを確実にヒットさせ瀬変わりでトウセンバエへ!

 

「ツケエサが残る状況が続いたのでG5のジンタンを段打ちし深ダナを攻めるもアタリが確認出来ないので2〜3ヒロのタナで浮き上がってくるメジナに焦点を合わたのが正解でした。

 

針はオーナーばりザ・ロック4号をハリスへ結び釣果を引き出しました。とても楽しい時間をありがとうございました。」とのコメント。

 


準優勝の上森さんは朝一にエボシへ渡礁。

 

「ゆっくりと右流れで朝マズメ大量のフグでしたが、竿 2本近く入れ込んでグレ連発しました。

 

瀬変わりでケナシへ場所移動すると左にかなり速い流れで左側からの払い出しの潮が少し緩んでいるポイントがあり、

 

そこを重点的に竿1本チョイのタナで攻めると30cmオーバーのメジナがヒットしました。

 

ジンタン6〜7号を段打ちし針はオーナーばり元輝グレとザ・ロックの4号5号のローテーションで釣果に繋がりました」とコメント。

 

また上森さんはカワハギの実寸31cmを筆頭にブダイ等もヒットさせており北浦を満喫したようです。

 

 

 

 


表彰式では上位入賞者へオーナーばり協賛の豪華製品と地元で採れた海産物が寄贈されました。

 

優勝者への大津さんへは船長から立派なカンパチのプレゼントがありました。

 

参加者にも北浦産海産物をお土産に大いに盛り上がり盛況のうちに幕を閉じました。

 

参加された皆さまお疲れ様でした。

 

また来年も開催したいと思います。そして喜福丸船長お世話になりました。本当にありがとうございました。

 

 

 

開催場所:宮崎県北浦一帯の沖磯
使用渡船:喜福丸 TEL090-8831-0473
参加者:10名

 

順位:メジナ3匹の重量
優 勝:大津 友和 2010g(大分県)
準優勝:上森 順吾 1900g(宮崎県)
三 位:時吉 長稔 1440g(宮崎県)

 

 

報告者:オーナー磯フィールドテスター播磨 聡

 


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM