サクラマス3尾目

■2017年4月2日
■釣り場:北上川(宮城県)
■カルティバフィールドテスター 佐藤文紀

 

■フック:STX-38 ♯6
■ルアー:カーディフ フリューゲル85D-F AR-C(カラー:レッドパーマーク)
■ライン:PE1号
■リーダー:フロロカーボン5号

 

北上川(宮城県)

 

 


日曜日の午後からの釣行。休日にも関わらず、ポイントが散漫としていて人も少ない…。

 

水系全体的にあまり釣れていない様子が伺える。

 

川全体の雰囲気を見て、少しでも流れが効いている筋が岸寄りに近いポイントに入釣。

 

 

 

この日は全体的な流れが弱く、沖の流芯目掛けて思いっきり遠投する必要を感じました。

 

とはいえ、スプーンだと沈み過ぎる可能性があり、少しでも上のレンジをゆっくり通したく浮力のありフローティングミノーを選択。

 

手前側は水深が浅くディープダイバーだと潜り過ぎるものの、狙いの沖の水深はある程度深いため、

 

「沖の流れだけを釣る」イメージで沖の流芯に対してのレンジトレースを意識。

 

掛かるならここだ!と、ミノーが狙いの流れに入りダウンで引いていたときヒット。

 

 

 

狙っていたマスの遡上コース、ドンピシャのトレースライン。

 

寄せては走りを何度か繰り返し、サクラマスとのファイトを楽しみます。

 


STX-38を使用している以上、走られてもバラシのリスクに対して安心感が違いますから、

 

落ち着いてやり取り出来るため、焦って早く寄せ過ぎることに起因するバラシは確実に減ります。

 

ランディングしたサクラマスは58cm。全長に対して体高もあり、3キロほどと重量感もたっぷり。

 

信頼のフックはSTX-38の♯6。

 

 

 

 

こちらの魚もフロントフックだけの掛かりながら、"圧縮ロック"の効果で流れの中、PEライン使用のサクラマスタックルでも安心してランディングに至りました。

 


 


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM