阿波哲で絶好調の紀伊水道に挑む!

こんにちはスタッフ藤岡です。

気付けば久しぶりのレポートとなります。汗

 

さて今回は徳島県阿南にある阿波哲さんにお邪魔してきました。

この時期の狙いものとしてはカンパチやブリ、阿波のトロさわらなどの青物がメインターゲット。

いずれもパワーファイターで、数釣りが望めるとあって狙わない手はないですよね♪

久しぶりのジギングに不安を覚えながらも、紀伊水道のフルコースを味わってきました。

親切丁寧、フルサポートが身上の阿波哲さん

 

 

出船はAM6時

この時はまだ晴れてましたが・・・・。

ポイントは60〜90mの天然礁狙い。

最近の傾向では、根にタイトに流さないと喰ってこないとの事だったので根掛かりには十分注意します。

 

まずは1投目。

潮は0.5ノットと青物狙いとしては緩め。

ほとんどの場合、最初の1~2流しは様子見で遠くから長めに流すことが多いことから

500gのロングジグをチョイス。

アピール力が凄まじく100m離れている青物でも気付いてバイトしてくることから

遊泳力が高く食い気のたった魚には有効です。

 

iPhoneImage.png

カンパチ(シオ) スパイ500g プロトフック シングル7/0

 

すると1投目から狙い通り、カンパチ(シオ)がヒット!

なかなかの出だしです。

 

次に2流し目。

先ほどと同じように、ビッグジグでアピールするも反応なし。

自らのテリトリーの外に出るのを嫌っていると判断し、流しの途中からショートジグへ思い切ってチェンジ。

天然礁の陰から、ピッピッと表に出てくるイメージで動かすとすぐさまストライク!

 

ヒットした瞬間に大物と確信。

ゆっくり丁寧にファイトさせていただきました。

 

iPhoneImage.png

鰤(メジロ)FB180g ジガーライトホールド 4/0


この後も狙いが的中し、あれよあれよでのっけから5連チャンと神がかり的なスタート。

今年の紀伊水道は和歌山側も徳島側もほんとに魚が多いですね!

 

 

この後は和歌山近くまで紀伊水道をランガンしながら、ポツポツと拾い釣りの展開へ。

うまく捕食スイッチを入れれた人が釣れるといった状況へ。

 

この日の状況はカンパチはボトム〜20mまでのヒットが多く、しっかりと追わせた後にキレのあるスライドフォールを入れてやるとよく当たりました。

あまりゆっくりなリズムで誘うと釣れるには釣れるのですが、群れがスレてしまって数が出ませんので、しっかりと追わせのアクションを入れてあげてくださいね。

 


当日のサワラはボトムから30〜40mで良く当たりました。

大変ですがしっかりと上までしゃくりあげた人に、ご褒美的にヒットします。笑

青物の時合待ちなどの時こそ、上まであげることをお勧めします。

 

 

そうこう遊んでいる、あっという間に夕方のスーパーラッシュに突入!

乗船されたみなさん全員面白いようにロッドが海中へ突き刺さります!!

iPhoneImage.png

撃投レベル180g ジガーライトツインシワリ4/0


カンパチのダブルヒットも飛び出します!?

 

 

約1時間半ほどの爆釣劇を味わい、皆さんお腹いっぱいで帰港の途へ。
iPhoneImage.png

今回もチームカルティバ 奮闘しました♪

 

さてこれからの状況は、例年だと11月いっぱいまではカンパチゲームが楽しめます。

特に今年はカンパチの数が多いのでこのチャンスを逃さず、ぜひ皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

使用タックル

ロッド ロジカル、プロパゲート 3〜4オンス

リール 1500〜2000番

ライン PE1.5号

ジグ  スパイ、FB、撃投レベル、アーク、ブースFSL 180〜200g

フック ジガーライト ホールドシワリトリガー3/0〜4/0 プロトシングル7/0

パーツ ハイパーワイヤ スプリットリング#3〜4 ソリッドリング#3.5

その他 カルティバ スプリットリングオープナー(新製品)

 

 

スタッフ 藤岡

 

 

 


イワシパターン攻略?明石ジギング 〜青物編〜

こんにちは!スタッフ大東です。

 

今年の、夏は記録的な軟体系ターゲットの当り年と言う事で、イカ、タコばかりの釣行続きでしたが、久しぶりの青物狙いで、明石沖へ出撃してきました。

 

 

お世話になったのは明石の老舗魚英さん!

 

今シーズンの明石沖は、例年になくベイトのイワシが多くどこもかしこもイワシ、イワシ、イワシ!

 

出船した日もポイントに到着すると、イワシが表層で何匹もクルクル回っています。

鳥もウロウロしていて、釣れる気配ムンムン。

 

しかしながら、一ヵ所目は船中ノーバイト。

ポイントを東側へ移動。

 

相変わらず、漁探は真っ赤、イワシだらけです。

時折、サワラ、サゴシがボイルし、今にも釣れそうです。

 

すると隣のアングラーさんに良型のサワラがヒット!

そこからは、サワラ〜サゴシがポロポロと同船のアングラーさんにヒットの連続!

 

意外とサワラもベイトサイズ、ジグカラー、ヒットパターンに偏りがあり、ハマった方はボコボコ、ハマらなかったら・・・

 

リーダー先糸L、ツイントリガー3/0

私はと言うと・・・辛うじてサワラサイズをゲット!

 

この日は、ショートジグを、スラッグを出さずに上げ上げの早い斜め引きで、長い距離を引くのが正解だったようで、スピニングタックルのアングラーさんのヒットが多かったように思います。

 

要はイワシがクルクル回って逃げているアクションイメージですね。

 

サゴシサワラの時合いが一段落して、ポツリポツリと当たるもののマッタリとした時間が流れていましたが、突然のヒットコール!

メジロが顔を見せてくれました、そこから数流し青物の活性が入り、僚船も含め青物ヒット情報が飛び交いますが、私はタックルトラブルで時合いを完全スルー

 

良くある事です・・・

 

その後はサゴシサワラをポツリ、ポツリと拾い釣り。

ツイントリガー3/0

 

終了時間が迫って来た所で、ポイントを大きく移動。

 

前日10キロオーバーのブリがキャッチされているポイントと言う事でしたので、青物狙いで早巻きからの食わせのスローなワンピッチでボトムから10mまでのレンジをアプローチ。

 

一回目のアクションで反応なく、フォール後ボトムから早巻き3シャクリ目で竿が持っていかれるような強烈なアタリ!

 

サワラサゴシの時と違い、しっかりと誘いと食わせのメリハリをつける事を意識してジグを操作してました。

 

最初に、ドラグを少し出されましたが、その後は突っ込みなく上がってきますが、残り15m位で、巻いては出し巻いては出しの膠着状態が続きます。

 

魚が一瞬浮いたタイミングで一気に勝負。

見える魚体は間違いなくブリ!

後はネットに入れるだけだったんですが、オマツリしたラインでリールがロックし痛恨のラインブレイク!

 

 

しかし、オマツリしたラインがリーダーを拾っていて、手繰り寄せるとブリがぷかーっと浮いて無事ランディング!

 

奇跡的にキャッチ出来た魚は、丸々としたナイスコンディションの10キロブリ。

撃投ジグレベル130gスローゼブラ、ジガーライト段差ホールド4/0

 

 

その後は特に青物が反応する事なく終了となりました。

 

今回は前情報でサワラサゴシが多いと言う事だったのでサワラ狙いで、リーダー先糸Lを使用したのでジグロストは一個で済みました。

 

今年の、ように歯物が多い年には必須のアイテムです。

合わせてワイヤー入りのアシストツイントリガーで完璧です(笑)

 

これからは、太刀魚がベイトになってくるタイミングです。

このblogの釣行日3日後位の情報ではシルバーロングのジグで良く釣れたようですので、ショートジグだけでなくロング系のジグ&ロングジグアシストももお忘れなく。

 

 

まだまだ、序盤戦の明石沖ジギング皆さまも、是非チャレンジして下さい。

 

スタッフ大東

 

当日使用タックル

 

 

ロッド スロー系3オンス〜4オンス

リール 2000、1500

ライン PE2〜1.5号

リーダー 8〜6号

先糸 リーダー先糸L(フロロ30号)

スプリットリング ハイパーワイヤー#4

ソリッドリング #4

ジグ130g〜200g

フック ツイントリガー3/0、ジガーライト段差ホールド4/0、ツインシワリ3/0


コンスタントにポツポツと

こんにちは。
スタッフの金川です。


最近よく神戸、淡路間でタチウオが上がっているとのことだったので、先週の27日、神戸渡船さんにお世話になり、ポートアイランド沖堤防へと行ってまいりました!

 


元々は、若狭湾で社員イカメタル研修の予定でしたが、荒天により中止。


シーズンラストのイカメタルになると思い、気合いを入れていたのですが、やはり天候には敵いません……


私は、やはり荒れ男なんだと再認識しつつ、気持ちを切り替えてのタチウオ釣行でした(泣)

 

 


日程は、12時〜20時頃までの夕〜夜の時合狙いです。

 

昼間は、ジグでタチウオを狙います。

 

撃投ジグレベル40gにフロント、リアともにジガーライト早掛け2/0のセッティング。

 

 

 

 

当たりはそこそこあるものの、なかなか乗らずの繰り返しでしたが、コンスタントにポツポツとヒット!

 

タチウオのアベレージは指3本に、時折4本クラスが混ざるといったところ。
同行者は、タチウオに加え、サゴシ、大型アジを釣り上げており、なかなか状況は良いみたいです。

 

そんな中……
ジグをフォール中に糸ふけが出たので、合わせを入れると岸に向かって走るかなりの引き!
タチウオを予想していたので、緩めにしていたドラグが唸りをあげラインが止まりません!
右からは「ブリちゃうか?」の声。
左からは「カンパチちゃうか?」の声。
期待に胸を躍らせ、上がってきたのは……
 

 

立派な魚雷。。
すごく嬉しそうに写真を撮るN浦氏……

…………
とりあえずなかったことにして、釣りを再開。

 

日がだいぶ落ちてきていたので、ワインドにチェンジ。
ワインド1年生の私ですが、あのガツンというタチウオの当たりにハマりまくっています。

既に満員となった沖堤防ですが、横を見ると次々と竿が曲がっています。
しかし、中層でポロポロとは釣れるのですが、あまり連発はせず、そのまま20時頃には反応もなくなり、納竿となりました。

 


この時期、タチウオ釣りは場所取りにはなかなか苦労しますが、時合にさえ当たれば良い釣果に巡り会えると思います!

良い釣果に恵まれて、終始すごく楽しい釣りになりました!!

 


使用アイテム
ドリフトアックス太刀魚スペシャル
TFC-4 ウイングトレーラー

 

撃投ジグレベル40g
ジガーライト早掛2/0

 

 


1年ぶりの落とし込み

先日、愛媛県八幡浜市の「うわかぜ丸」さんにお邪魔してきました。

 

約1年ぶりに落とし込みに行ってきました。

 

 

 

当日は、若潮で不安でしたが期待を裏切る釣果になりました。


出船前に船長に状況を聞き、仕掛けはフラッシャーなしでOKでしたので、

 

W胴打ち 喰わせ剛サビキ 7号 ハリス12号 幹糸12号」から使用しました。

 


船長から聞いていた通り、一流し目から鰯のつきも良くハマチ(7〜9キロのブリサイズですが・・・)の爆釣でした。

 

 

 

ハリがタフワイヤーなので、今までも曲がったことも折れたこともく安心してやり取りができます。


同船した方が、20船ーバーのオオニベも同じ仕掛けで上げられました。

 

全くハリの変形も見られませんでした。


昼からは、潮が緩みベイトの付きが悪くなったので「フラッシャー付」も使用し釣果を伸ばすことが出来ました。

 

状況で使い分ければ釣果を伸ばせます。

 


他にも、タイやヒラメにマハタなど何が釣れるか分からないのも楽しみの一つです。

 

10月までがシーズンですので、時間を作ってもう1度遊びに行きたいと思います。

 

 

 

カルティバフィールドテスター 大谷内 啓祐
 


真夏のオフショア

8月12日 仲間と共にオフショアゲームに出かけました。


事前の情報では産卵期のクロマグロの禁漁期間を終えた玄海灘では小型のイワシを追ってクロマグロのナブラが発生!
シイラパターンのヒラマサゲームでは、多少シブイなりに出れば大型!という情報でした。
その為、キャスティングとジギングの両パターンをセッティングし出航することになりました。

 

 
通常であればジギングからゲームをスタートし、その後ポイントを移動しキャスティングゲームになるのですが、この日はキャスティングポイントへ一直線。
だんだんと見えてくる鳥山は既にクロマグロのナブラが発生していました。
 
「クロマグロのナブラはベイトが小さいイワシなので小型のジグミノー等が良い」との船長のアドバイスから、マグロに実績のあるマリア・ローデット140LS(レベルシンキング)をチョイス。
前後のフックはSTX68(#2/0)をセットしました。
 
船は周囲の状況を観察しながら「出そうな場所」をリサーチして行きます。船が近づく前にナブラが沈むパターンもある為です。
そうして幾つ目かのナブラにタイミングが合い上手くバイトさせる事ができました。


しかし、ファーストランの最中に他のマグロが数回ラインに当たり痛恨のブレイク…。
周囲でも同じパターンのラインブレイクが発生しているようです。


 
スプールを交換し、次のタイミングを待ちました。
ルアーのチョイスは間違って無いと思い、再度ローデット140LSをセッティング。


そしてこの日最大のナブラに出会う事になりました。

 

 
あせる気持ちを抑えながら鳥の群れをかいくぐりキャスト&軽くテンションフォールさせていると一直線だったラインが一気にたるみ弧を描きはじめました。


ラインスラッグを巻き取りフッキングさせると一気にファーストランが始まりました。
スプールはドラッグ音を鳴らし一気にラインが出ていきます。この瞬間がマグロゲームの醍醐味だと思います。
先ほどのラインブレイクが頭をよぎりましたが、ナブラの勢いが落着きはじめた為スムーズなファイトが出来無事にネットイン。

 


 
多少遅合わせとなった事から、ルアーは完全に口の中でした。
STX68は口内の堅い場所を捉えていましたが、しっかりフッキングしており変形なども見られませんでした。
 
夏空の下のオフショアゲーム、久々のマグロゲームを堪能する事ができました。

 

クロマグロ(Field=玄海灘)

 

 
ROD=ZENAQ FC80-6 Hiramasa RG
REEL=STELLA10000XG
LINE=PE4(Main)撃投PFフラッシュ4号+PE10(Spaser)+100LB(Nyron)
Rure=Maria ローデット140LS
Hook=STX-68(#2/0)+P-12ハイパーワイヤー(#7)

 

 

カルティバフィールドテスター 岡 公一郎


イカメタル&ショアメタル?!

こんにちは、スタッフ今永です。
今年の夏はイカメタルばかり通っているので、あまり日焼けしていません(笑)
ということで今回もイカメタル釣行のレポートです。

今回は鳥取県で実釣してきました。
と、まぁここまではいつも通りなのですが、今回は遊漁船ではなく、なんとプレジャーボートでの釣行です。
知り合いのご夫婦の方にご厚意で乗船させていただきました。


 

私はイカメタルスタイル
使用タックルは 耐力イカリーダーレベルスッテ8号20号ドロー4 2.5号

船長夫妻は中オモリ式エギングスタイル
使用タックルはドロー4や他社エギ 2.5号〜3号にオモリ15〜30号

 

19時にポイントに到着し、シーアンカーを入れ、実釣開始♪
水深は60m
まだ明るかったので、ボトムを探ろうとしますが、きつい二枚潮、、、。
そして、ボトムはほとんど潮が動いていません。
こんなとき、アップアイフロント重心のレベルスッテなら、2枚潮に負けず、しっかりボトムをとることができます♪
20号で一気にボトムまで沈下させ、ひたすら誘いをかけますが、ポツポツとたまに釣れる程度。
イカの群れが小さい模様。

 

あまりにも状況が悪いので、船長が70mラインへの移動を決断!
再エントリーしたのもつかの間、移動が功を奏し、一気に爆釣モード突入♪

レベルスッテ赤白

 
レベルスッテ ピンクゼブラ
 
 

 


船長ご夫婦も中オモリ式エギングで連発させてます!!
 
ドロー4 2.5号#34 ピンク/オイルグロー
 
途中、私のレベルスッテをひったくる妙に重たい物体。
しかし、当たりはしっかり出たのでゴミではないはず。
ゴミなのかイカなのか半信半疑であげてみると、そこにはなんとも言えない生物が!!!
美しい(それがある意味恐ろしい)貝と見たことのないタコのようなものがついていました。

 

 


あとで確認するとアオイガイ(通称タコフネ)とのことでした。

こんな珍客も交えながら、夢中で釣りをしていましたが、白波も出てきたので0時前に納竿することに。
いつもそうですが、楽しい時間はあっという間ですね!

今回のパターンはシェイク→ステイ→シェイク→ステイの繰り返しとイカが浮いてきてからは、軽くキャストしカーブフォールで掛けるといった感じでした。
2枚潮対策、誘いのパターン、どちらにおいてもレベルスッテのアップアイとボディ形状をしっかりいかした釣りが成立したと思います。

肝心の釣果ですが、クーラー3つでは入りきらず、予備で持っていた発泡1つも満タンに!
余裕の3桁オーバーで大満足の釣果でした。

 

 

ここで終わりたいところですが、番外編へ
明石周辺ではこの時期、ライトタックルを使ったエギングでミニケンサキイカを狙うライトエギングが最盛期を迎えます。
 
しっかり当たりも出てかなり面白いのですが、何を隠そうフィールドは潮通しのよい明石周辺。
エギではどうにもならないぐらい潮がとぶことが多々あります。
と、ここでイカメタルゲームをショアでやってはどうかと思い、勝手にショアメタルと命名し、試してみました。
耐力イカリーダーレベルスッテ8号、ドロッパーは浮きスッテやドロー4

結果、あっさりと釣れてしまいました(笑)

 

通常のイカメタル通り足元でシェイクしたり、キャストしてすぐ糸ふけをとり、カーブフォールさせるといった釣り方で簡単に釣れてしまいました。
まだまだ研究の余地はありますが、日本海側のケンサキイカや冬のヤリイカでも活躍してくれる気がします。
みなさんももしよかったら、試してみてください♪(くれぐれもロッドの折れにはご注意を!!)

 

スタッフ 今永


トカラ列島でパワースローゲーム!

こんにちわ、スタッフ藤岡です。

今回のレポートは久しぶりのパワースローゲーム!

それも挑むは国内NO1の大型実績を誇る巨魚の巣窟トカラ列島。

パワースロースタイルにキャストの2本立てで挑んだ我々は果たして大物と渡り合えることは出来たのでしょうか・・・?

 

1日目

 

大阪空港から直行便でおよそ2時間のフライトで、あっという間に今回の出発港である屋久島へ到着。

飛行機を降り立つと梅雨真っただ中の屋久島。

高温多湿の熱帯気候が出迎えてくれます。

ちなみに屋久島は1年で370日雨が降ると比喩されるほど、雨が多い島。

雨男たちに雨島。

早くも前途多難な予感はしますが・・・。

 

日替わりで変わる天気予報とにらめっこし、なんとか3日間釣りが出来ればと祈る我々でした。汗

 

今回お世話になったのは明日丸・林船長。

屋久島はもちろんトカラ列島に至るまで広範囲な守備範囲。

特にカンパチジギングは得意で、ご自身自体もジギング漁にて日夜新規開拓をされているようです。
iPhoneImage.png

一先ず、初日は凪なので3日分の食料を買い込み一気にトカラ列島へ3時間かけて移動します。

 

ポイントに到着したのはPM4時半ごろ。

 

夕マズメだけですが、カンパチのパワースローゲームで楽しみます。

iPhoneImage.png

いきなりこのクラスのWヒットから始まりました!

 

 

パワースローといっても私たちで言うこの釣りは特別なことはしてません。

 

目指すターゲットに合わせた適正タックルを使ってスローピッチを中心に組み立てるだけです。

ターゲットがカンパチなら20〜50kgくらいまで、水深200mラインを想定。

先ずは強度の指標となるラインは最低でもPEなら3号〜4号を使いたいところ。

 

次にライン強度に耐えうるフック線径やターゲットの捕食特性や口回りを想定して号数を決定します。

 

ここで忘れてはいけないのは、スプリットリングや組糸の存在。

大型魚狙いでは必ずと言っていいほどリング伸びや組糸切れが起こります。

後悔しないようここにも万全を期しましょう。(推奨 スプリットリングウルトラワイヤー


ここまでをしっかり組み立てれば、キャッチ率はぐっと上がります。

 

あとは水深やラインプレッシャーでも対応できるジグウエイトを選び、そのジグを思い通りに動かすためのロッド&リールを選ぶだけです。

 

 

スローピッチなら、瀕死のベイトを漂わしたり沈めたり、時にはハイピッチを織り交ぜて魚を寄せたり、上に逃げる演出を入れたりベイトボールを割ってみたりするといったイメージング。

 

なんら普段のスローピッチとイメージは変わりません。

ここまでして針が伸びただ、糸が切れただ、リングが飛んだなど生じた場合は、自分の見立てが悪かっただけ。

 

しっかりと獲りきれるタックル選定とそれを扱いきる技術と体力が必要とされるこの釣りに、私はついつい魅力を感じてしまうのですね。


 

iPhoneImage.png

 

短時間でしたがこの8キロ級までのヒレナガカンパチがコンスタントにヒットしてくれ、初日の肩慣らしに十分すぎる結果となりました。

 

iPhoneImage.png

今回用に用意したパワースロー用フック(プロト)

 

今回の遠征の主な目的であるシングルフックの有効性と実釣においての必要強度やサイズ感、ジグとの相性などを図るのが目的でした。

 


2日目

この日は港から出れないくらいの大風が早朝から吹き、しばらくは民宿で待機を余儀なくされます。

3日間フルに釣りができるほど甘くはないですね。

 

AM10時くらいを回った頃に風が少し弱まったので、近場のシャロー限定なら何とか出船できるとのことなので

GT&磯魔(イソマグロ)狙いに切り替えます。
iPhoneImage.png

沖へ出ると、思った以上に海況はマシなので先ずはひと安心。

 

早速、沖根を中心にキャストを繰り返していると

 

ドカン!!

派手なバイトで巨魚が一発でルアーを海中に引きづりこみます!
iPhoneImage.png

良いファイトをしてくれたのは、10〜15キロ級ののGT。

GTはいつみても男前。

 

多くの釣り師を魅了するのも頷けます。


お次は浅場ジギング。

 

狙いはもちろん磯魔50キロ〜なので、PE3〜4号以上で挑みますが・・・

 

 

iPhoneImage.png

3度ほど本命が当たりましたが、いずれもかなりラインを出された上、最終は歯によるリーダーブレイクで釣り師負け。トホホ

 

 

巨体から繰り出す強烈なスピードにパワー、根に対する執着心に鋭い歯。

間違いなく難易度MAXなターゲット。

来年こそは仕留めるべくPE5〜6号で挑みたいと思います。

 


もちろん気を抜いた根魚釣りも同じ場所でできるので、癒し系にはこちらを♪

 

途中、カンパチポイントを見て回るもカンパチはどこへやら?

大型カンパチのベイトフィッシュ・アオダイが釣れる程度で再び浅場へ戻ります。

iPhoneImage.png

スパイの800gを襲う特大の高級魚アオダイ  

 

今回は狙ってないので素直に喜べないタフな状況ですね。

 

 

最後は夕マズメに合わせて、朝のGTポイントに再度戻ります。

戻ってみると鳥が舞い、カツオやキハダがルアーに好反応を示し、朝よりさらに雰囲気は抜群!

 

いつ出てもおかしくないタイミングでやっぱりドカーンとGTがバイトします!!

今回、初GTの辰巳氏。

普段とは違う高負荷タックルに苦戦を強いられます!

激闘の末、上がったのは15~20キロ級の立派なGT!

おめでとうございます!

 

残り時間も僅か。

これで最後の一流しですとのアナウンス。

鳥も消えて海も静けさを取り戻し、夜のとばりが下りようとしています。

 

もう今日はダメかな?

と、ほとんど見えないポッパーを動かしながら想いにふけっていると、バシャっと何やらバイトしたと思った矢先、

 

凄まじいパワー&スピードと聞いたことないような けたたましいドラグ音が海上で鳴り響きます!!

iPhoneImage.png

ドラグ負荷15キロ〜以上かけたリールから1ダッシュで200m以上を引き出した超ド級の巨魚。

 

一気にドラグが焦げ付き、途中リールがロック状態となりラインブレイク。

全く何もさせてもらえなかった得体の知れない巨魚との遭遇。

これだから大物釣りはやめれませんね。

 

3日目 最終日

 

この日は今回初めての快晴。

沖出しが可能とのことなので、この日はカンパチ狙い一本に絞ります。

iPhoneImage.png

ベースキャンプの口之島。 ドコモ以外は圏外ですがWi-Fiが飛んでいるのにびっくり!笑

 

まずはいきなりヒレナガカンパチの10キロ級がお出迎え。
iPhoneImage.png
と、思いきや後が続かず、1ポイント1小〜中カンパチといった具合で苦戦を強いられます。





今回、トカラで釣れたカンパチはすべてヒレナガカンパチ。

カンパチの中では、あまり大きくならない種なのでサイズが伸び悩みます。

前のパーティーまで釣れていた大型の本カンパチはいったいどこへいったのか?

急な水温上昇なのか、潮なのか?産卵行動に入ったのか?

原因は神のみぞ知る

 

考えてみても仕方ありませんね。

与えられた条件で目一杯楽しむだけで十分です。

 

それでも最後は運に見放されなかったのか、夕方ぎりぎりでようやくヒレナガカンパチが口を使いだします。

iPhoneImage.png

 

3ヒット〜!

 

iPhoneImage.png

次の流しも3ヒット!

 

そして最後は〜15キロ級までのサイズも飛び出し、今旅も終始楽しく締めくくることが出来ました。

 

iPhoneImage.png

ヒレナガカンパチ10キロ台 パワースロー用プロトフック

iPhoneImage.png

ヒレナガカンパチ10キロ台 パワースロー用プロトフック

 

今旅はこれにて全行程終了!
最終日はすっかり梅雨明けした屋久島を観光&散策し釣りの疲れを癒します。

 

今回、幸いにも3日間とも海に出ることができ、与えられた条件の中でそれぞれにトカラ海域を満喫できたかと思います。

が、次の課題も見えてきたのでしっかりクリアし、次回挑戦時にはもっと凄いトカラ海域が体験できればと思います。

 

それまでは、今回の旅の思い出を胸に日夜製品開発に励みたいと思います。

 

それでは、皆さんも良い釣りを♪

 

使用タックル)

 

カンパチ用

ロッド ロジカル7〜8oz マニアフェローズ55 プロパゲート7oz

リール トルサ16 20 30 

ライン ULT2.5〜4号

ジグ  スパイ ディアルスター レクターなど 400〜800g

フック パワースロー用プロトフック 

リング ソリッドリング#3.5 スプリットリングウルトラワイヤー#3〜5

 

GT用

 

ロッド MCワークス エクスプリュージョン 7パワー

リール ステラ18000番

ライン PE6号

ルアー EBIポップ サーフェイスブル200

フック STX-68 #5/0

リング スプリットリングウルトラワイヤー#5〜8

 

 

スタッフ藤岡

 

 


レベルスッテで爆釣!イカメタルゲームin敦賀

こんにちは!
スタッフ今永です。

今シーズンあらゆる場所で火のついているイカメタルに行ってきました。


今回は週刊つりニュースさんの取材で福井県敦賀市の豊漁丸さんにお世話になりました。
豊漁丸さんは全長24m、20トンの超大型船!
LED集魚灯を80灯搭載し、桁違いの明るさです!!
この漁火にイカが寄らないわけがありません♪

 

ポイントにつくまでの間、イカメタルやスッテの胴突仕掛などみなさん得意な釣りをセットし、いまかいまかとポイントに着くのを待っています。
ポイントに到着したのは18時半、船長はシーアンカーをうちます。
耐力イカリーダーレベルスッテDraw4 2.5号をセットし、早速、実釣開始♪

 

波0.5m、潮流0.5ノット程
明るい時間帯はボトム付近で、暗くなり漁火に誘われベイトが浮いてくると15m〜40mの間で
順調に釣れていきます♪



時折、ラッシュになる時間もありダブルヒットも!!

 

初めから最後までひたすら釣れ続き、楽しい時間もあっという間に納竿となりました。

レベルスッテのアップアイポジションにより、深場ややわらかいロッドでもしっかりとアクションさせることができ、きっちりと釣果に繋げることが可能です♪
その他にもこだわりのフックシステムやボディ形状などこだわり満載の鉛スッテです!
皆様もぜひお試しください。

詳しくは8月1日発売週刊つりニュースをご覧ください!!

URL: http://tsurinews.co.jp/topics/chubu

 

スタッフ 今永


レベルスッテで楽しむ小浜イカメタルゲーム

こんにちは〜!スタッフ大東です。

 

6月はタコ、イカと軟体系の釣りにドップリのオーナーばりスタッフ一同です。

 

今回は週刊つりニュースさんの取材で小浜新港より出船の福丸さんにお世話になりました!

15時出船の半夜便(アジ五目&ケンサキイカ釣り)でイカメタルゲームに挑戦してきました。

福丸http://www.e-fukumaru.com/

 

 

まずは、アジ狙いの五目釣りからスタートです。ポイントに到着し、アンカリング。

サビキ仕掛を投入するとアジ、チダイ、ウマヅラ、サバなどがすぐに反応してくれました。

アジも夕方の時合いには30cm級がラッシュとなり、お土産も十分確保したところでイカポイントに移動。

 

 

薄暗くなりだした頃からポツポツ釣れはじめ、プチラッシュもありながら、終始釣れ続け、納竿となりました。

2016新色パープル好反応!

 

レベルスッテの特徴のひとつであるタテアイのポジションにより、柔らかめの竿でもしっかりと動かせるので、細かいアクション

から大きめのアクションまでコントロールしやすく、その日の活性に合せて色々試して頂けると、より奥深いイカメタルゲームが

楽しめると思います。

 

詳しくは、7月11日発売の週刊つりニュースをご覧ください!!

週刊つりニュースhttp://tsurinews.co.jp/topics/kansai

 

                                                    スタッフ 大東

 

 


絶好調の船タコ2016

こんにちはスタッフ藤岡です。

いや〜今年も楽しみな時期がやってまいりました。
関西ではおなじみ明石沖での船タコ釣り!

iPhoneImage.png
(2016年は早くから好調とあって毎週末はどこも満船〜早めの予約をお勧めします。)


ブランドタコとあって食味は最高なんですが、釣り味はもっと中毒性があります。笑
ゆさゆさと誘っていると、突如むにゅっといった違和感からのフルフッキング!
私もすっかり船タコの中毒患者となってしまい、今季すでに6回も行ってしまいました・・・。
iPhoneImage.png

さて明石のシーズンといえば、だいたい5月〜8月一杯が目安になります。
タコはいわゆる年魚という魚類で、ほとんどが1年で一生を終えます。

5~6月に釣れるのは主に昨年生まれた新子が越冬し、親タコとなって大きくなったもの。
サイズにして500g〜3キロを超す個体まで釣れます。
数は一人10匹前後、うまい人で20~30匹といったところが平均ですが、型がいいのでお土産や贈答品にはもってこい◎

iPhoneImage.png
スタッフ大東  会心の一撃!


次に7月〜8月は、お待ちかねの新子シーズン到来です。
春に生まれた新子達が一気に成長する時期とあり、捕食への執着は異常に高まるタイミング。
いち早く大きくならないと天敵や自然条件により死滅、そして越冬を乗り切り子孫を残す壮大な計画があるため、1年で急激な成長を見せると言われています。
iPhoneImage.png
なんか書いているうちに、可哀そうなってきましたがそうも言ってられません!
古くからこの地域で親しまれている釣りですので、文化を絶やすわけにはいきませんね。
新子の時期は、非常にアタリが多いのが特徴で初心者や腕を磨くにはうってつけです。

また大タコと味は変わらなく、食感も柔らかいことから新子を好んで食べる方もいるほど新子ファンは多いことも付け加えておきましょう。


iPhoneImage.png
さてこれでシーズンも確認はできたので、若輩者ながら私の普段のタコ釣りで使用しているアイテムを紹介しましょう!
先ず使うものはテンヤと呼ばれるタコ掛けに集寄を付けます。

お勧めは楽々タコテンヤ50号に船タコ集寄ブレードの組み合わせ。

楽々タコテンヤは錘誘導式なのでフォールが速く、速潮にもらくらく。
懐の深い角のある大バリなので20mを超える深場やキロオーバーなどの大タコにも安心ですね。
またボディーも夜光とラメの2種類があり、梅雨時の曇天には圧倒的に夜光が、新子の浅場エリアではラメが圧倒的威力を発揮します。

この最強の組み合わせで、船中40名を超える強豪ひしめく中、幾度となく竿頭を手にしたもんです。
2016年6月現在の成績は6戦中3回竿頭、2回2番手など最強アイテムのおかげで絶好調でございます。


次に集寄は船タコ集寄ブレードを使用。
実はこのアイテムが私のトップシークレットアイテムになります。

ほかのよくあるビニール集寄に比べ、圧倒的に感度が良いのがその理由です。
ブレード集寄はシモリ玉とビーズ、小さいブレードなどの非常に軽い部材で構成されているため
非常に感度がよく、タコのさわりや地形変化を見逃しません。

もちろん非常に軽いためタコ餌木なども使用できるなど、初心者には強い味方となっております。
タコ餌木は比較的簡単に釣れますので、これから始める方や初心者の方にはお勧めします。
慣れてきたら、テンヤでも大差なく釣れますので、粋なテンヤでのタコ釣り文化を味わってみるのはいかがでしょう♪





2016年船タコシーズンもいよいよ折り返しです。
熱く楽しく美味しいタコ釣りの魅力にはまってみてはいかがでしょうか?
皆さんと船上でお会いできることを楽しみにしております。


スタッフ藤岡



 

<< | 2/33 | >>

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM